デザインについて

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ヤマモトアキヒトです。

このブログを読んでくださっているということは、あなたも建築・デザインが好き、もしくは家づくり・空間づくりに興味がある、検討している、といったところでしょうか?

これから一緒に、いいモノ、いいコト、いい空間をつくっていきたいな、、と想像をふくらませていますので、末永いお付き合いの程どうぞよろしくお願いいたします。
(こういうツカミな出だしを書いてみたかった…。)

さて、「初めまして」なので、建築デザインについて ちょっとだけ真面目なお話しを…。

私自身、建築デザインを生業として 主に住宅を設計していますが、「デザイン(設計)が行為の延長であるかどうか」を日々意識しています。
“自分の”生活、暮らし、もしくは短期的行動の先に必要なモノ・コト・空間を、より良いかたちで生み出すことがデザインの本質だと考えます。

ここで腰掛けたいなぁ → 椅子
ここで読み書きをしたいなぁ → デスク / 紙 / 鉛筆
快適な空間で安心してご飯を食べて 団らんして 眠りたいなぁ → 食器 / 家具 / 家電 ⇒ 家

というふうに…。

そんなのあたりまえだろ!w、と思ったあなた、

逆にお聞きします、
今あるデザインに生活、暮らし、行動が限定されていませんか?

ここで大事なのが先述の通り「自分の」という前置きです。

本当に自分の身体に合った椅子に座っていますか?
読み書きしやすいデスクで作業していますか?
今の家に100%満足していますか?

延いては、自分が接する外部要因のすべてが自分の心身にフィットしていますか?

自分の生活、暮らし、行動に関係するモノ・コト・空間は 心身共にフィットしたデザインが良いですよね。
…そういうことです。

(もちろん、商業空間やインスタレーション、ファッションなど、フィット以上な設えが必要なデザインもあります。喜怒哀楽の操作(非日常的な暮らし)という意味ではそれらも同じデザインの枠だとは思います。これはまた別の機会に。)

で、心身共にフィットしたデザイン、、無ければつくればいいんです。
自分に合った椅子が売っていなければオーダーメイドでつくればいいんです。
読み書きがはかどるデスクをつくればいいです。
~LDKに制限されない家をつくればいいんです。

(「オーダーメイドのコストはどうするんだよっ!!」はまた別の機会に。)

一度しかない人生です、、せっかくなら固定概念を外して、既存のカタチにとらわれず、自由な発想でデザインに触れていきたいですよね。

(画一化された世の中はシームレスで便利かもしれないけど、便利さと引き換えに我々人間は大事なものを失っているかもしれない。…という話もまた別の機会に。)

もし、この考えにピンっ!!ときたら、私たちと一緒により良いモノ・コト・空間をつくっていきましょう!

私たちジーマーミーアーキは、建築、内装、改装、家具、プロダクト、インスタレーション、形にとらわれない活動をする3人組です。
何かお手伝いできる事がありましたら、メール若しくは問い合わせフォームよりご連絡ください。
e-mail : info@jimami-archi.com

どうぞよろしくお願いいたします。
最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

ヤマモトアキヒト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。